新聞折込広告をはじめとした、広告の可能性で集客をサポート。
福島県のセールスプロモーション・エージェンシー

会津若松の昭和が息づく老舗料亭「割烹の駅」

「まちの駅」シリーズ第10弾。昭和4年4月。この地に店をかまえ、今年、創業86年を迎える老舗割烹「萬花楼」。創業者の思いとともに、「萬花=万華」のごとき楼閣の風情を今に、未来に。

ここは、鶴ヶ城にほど近い、市の中心部でもある東栄町。そこに1,200坪の広大な敷地を有し、今も、地元のお客様に愛されつづける「割烹萬花楼」があります。「代々、この店を守り、受け継ぎ、さらに、つないでいくことが、お客様への恩返しだと考えています」と四代目女将の大塩真理さん。藩政時代から伝わる「おみや」と呼ばれる鯉の甘露煮、郷土料理の「こづゆ」にはじまり、会津の旬を粋にあじわえるもてなしの空間こそ、店名の「萬花楼」たる由縁。「まちの駅としても、協議会立上げ時より今年で丸10年。震災をのりこえられたのも、お客さまのおかげです」。

来年で10回目を数える、毎年恒例の「萬花楼桜まつり」。「そもそも、女性客に、本物の『東山芸妓衆』の鳴り物や踊りをみてもらいたいとはじめ、今では、東京からの予約も入るほど人気の昼食お花見会席で、まちの駅『割烹の駅』を代表する催しとして定着しております」。とともに、「『ひとさらにくちづけて』会津塗手塩皿でいただく会津のご馳走」と銘打つ会津・武家の料理番物語「会津塗マリアージュ」事業にも積極的にとりくみ、新しい会津漆器の価値向上にもつとめています。「600坪の日本庭園を愛でながら、心ゆくまで、会津をあじわいつくしてください」。

 

「萬花楼」4代目若女将 大塩真理さん

「萬花楼」4代目若女将 大塩真理さん

  • 「萬花楼」4代目若女将 大塩真理さん
  • ▲会津代々の郷土料理鯉の 甘露煮「おみや」
  • 旬の粋をあじわえる会席料理
  • 毎年恒例の萬花楼さくらまつり
  • 四季折々の景観美に癒される庭園
まちの駅 割烹の駅 割烹 萬花楼

福島県会津若松市東栄町10-6
TEL 0242-27-4567
http://www.mangerou.com/

2019.10/vol.049

「宮古そばの駅」( 喜多方市山都町 宮古そば「権三郎」)

2019.09/vol.048

「まちの駅 スポーツ公園さゆり」(西会津町 総合運動公園「さゆり公園」)

2019.08/vol.047

「まちの駅 しんきん蔵」( 会津信用金庫 喜多方支店)

お電話はこちら
メール

受付時間 月〜金曜 | 9:00〜17:00

株式会社ケンオリ
TOPへ戻る