新聞折込広告をはじめとした、広告の可能性で集客をサポート。
福島県のセールスプロモーション・エージェンシー

なるほど!福島なんでもランキング なるほど!福島なんでもランキング

統計

火災・地震保険料

火災や地震、その他災害に関する掛け捨て型の保険料。
○住宅総合保険住宅火災保険 ○地震保険

2月に発表された2021年家計調査年報によると、福島県(福島市)は火災・地震保険料支出金額で全国第1位。前年の2倍近い金額となり、2位以下に大きく差をつけている。
大きな要因と思われるのが2021年1月の地震保険の保険料改定だ。全国平均で5.1%、福島県は最大の14.7%の引き上げとなったのである。地震保険料は地震による被害のリスクに応じて基準料率が決定され、地域と建物構造によって異なる。今回最も引き上げ幅が大きかったのが、福島県の木造建物というわけだ。
日本損害保険協会の資料によれば、福島県の住宅の構造は木造が76%で全国平均の57%を大きく上回る一方、耐震化率は76%で全国平均の87%を下回っている。過去の地震発生状況を見ても、福島県はリスクの高い地域とされるのだろう。
地震保険は火災保険にセットして加入するものだが、この付帯率を県内の市別にみると、相馬市85.5%、いわき市83.4%など、浜通り・中通りで高いのに比べ、会津若松市63.7%、喜多方市60.6%と会津地方でかなり低く、地震に対する危機意識に差が見られる。

都市階級・地方・都道府県庁所在市別 1世帯当たり支出金額

出典:総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)調査結果」 政令指定都市の川崎市、相模原市、浜松市、堺市、北九州市を含むため、総数は52都市です

2022.05/vol.424

自然公園数

2022.04/vol.423

火災・地震保険料

2022.03/vol.422

街の住みここちランキング〈福島県版〉

お電話はこちら
メール

受付時間 月〜金曜 | 9:00〜17:00

株式会社ケンオリ
TOPへ戻る