新聞折込広告をはじめとした、広告の可能性で集客をサポート。
福島県のセールスプロモーション・エージェンシー

なるほど!福島なんでもランキング なるほど!福島なんでもランキング

統計

人口10万人あたり 統計
コンビニエンスストア店舗数

2021年3月現在の人口10万人当たりのコンビニエンスストア店舗数で、福島県は第6位。
特にセブン-イレブンの店舗数が多く、山梨県に次いで2位となっている。現在のスタイルのコンビニは1974年のセブン-イレブン開店が始まりで、翌年郡山市の虎丸店で初めての24時間営業を開始した。セブン-イレブンは「特定の地域へ集中的に出店する」ドミナント戦略を基に店舗展開を行っているため、出店が早かった福島県で店舗数が多いのは必然といえる。
コンビニ業界は2020年の来店客数が5年連続の前年割れとなった。ドラッグストアで日用品と共に食品も買う人が増加し、競合が激化しているのだ。
一方で、コロナ禍の巣ごもり消費でまとめ買い需要があり、スーパーとも競合している。さらに、酒を近くのコンビニで買う人が増え、セブン-イレブンでは酒類の品揃えを増やした店舗の売上が好調という。家飲みや自炊疲れに応えるための小容量惣菜を拡充するなど、コンビニは食品を充実させることで成長を図っている。

出典:月刊コンビニ「2021年5月号」 人口は2021年1月1日住民基本台帳人口

2021.10/vol.417

人口10万人あたり 統計
コンビニエンスストア店舗数

2021.09/vol.416

水力発電所の電力量

2021.08/vol.415

過去10年間の震度4以上の 統計
地震発生回数

お電話はこちら
メール

受付時間 月〜金曜 | 9:00〜17:00

株式会社ケンオリ
TOPへ戻る