新聞折込広告をはじめとした、広告の可能性で集客をサポート。
福島県のセールスプロモーション・エージェンシー

土きど器(ドキドキ)の駅

「まちの駅」シリーズ第17弾。前回ご紹介した「まちの駅 会津藩 会津武家屋敷」とともに、「いにしえ夢街道」につらなり、その街道筋のちょうど中心あたりに、会津焼の伝統を受継ぐ会津慶山焼「土きど器の駅」があります。

会津慶山焼のはじまりは、文禄元年(1592年)、当時の会津藩主である蒲生氏郷が、黒川城(現鶴ヶ城)の屋根瓦を、ここ慶山の地でつくらせたのが起源とされています――。慶山地区は、お城の石垣の採石場もあり、屋根瓦の原料にもなる良質な粘土質の土がとれたこともあって、城下の物資供給場として栄えていたようです。その後は時代にもとめられたものづくりを経て、日常使いの器づくりへと移り変わっていきました。もともと会津には、会津焼と呼ばれる地区ごとに4つの窯元がありましたが、時代の流れとともに廃れ、今では、当会津慶山焼が、会津若松の唯一の窯元として伝統を引き継ぎ、今日も、つくりつづけております。

現在の会津慶山焼は、伝統的な技法を受継ぎ、新しい視点と技術をとりいれながら「使いやすい器」をめざしつくりつづけています。多くの史跡や名所が、あちらこちらに点在する「会津いにしえ夢街道」には、年間たくさんの観光客や修学旅行生が訪れ、当窯へも器選びや陶芸教室をたのしみに、大勢の方が足をはこんでいただいております。陶工が心をこめてつくった器や、世界にひとつしかない体験の作品が、みなさまの日常の暮らしになじんでいってくれたら、それが会津慶山焼の窯元としてのささやかな願いです。会津へお越しの際は、ぜひ、お立ちよりいただき、実際に、手にとって感じてみてください。

会津慶山焼 代表陶工 曲山氏

会津慶山焼 代表陶工 曲山氏

  • 会津慶山焼 代表陶工 曲山氏
  • 店内に並ぶ作品の数々
  • 店舗脇の案内板スペース
  • 会津いにしえ夢街道案内板
  • 修学旅行生の陶芸教室
  • 修学旅行生の陶芸教室
土きど器(ドキドキ)の駅
会津慶山焼

福島県会津若松市東山町大字石山天寧67
TEL 0242-26-2507
http://www.keizanyaki.com/

2020.04/vol.054

「まちの駅 古関裕而記念館駅」
(福島市古関裕而記念館)

2020.03/vol.053

「まちの駅 ふくサポ」
(福島市市民活動サポートセンター)

2020.02/vol.052

「まちの駅 ふくしま情報ステーション」 ( まちの駅ネットワークふくしま事務局)

お電話はこちら
メール

受付時間 月〜金曜 | 9:00〜17:00

株式会社ケンオリ
TOPへ戻る